当ブログは、オリエント工業のラブドール・可憐に一目惚れしてしまった私malionの日記です。 可憐との生活の様子や雑感、衣装の着せ替え写真を掲載しています。
ラブドールを扱っていますが、過度にセクシャルな内容のコンテンツ等はありません。
ドール購入やコスチューム選定の参考にしていただければ幸いです。
★当ブログでは一般名(ニックネーム)としての「可憐」と、本名としての「唯衣」の2つの呼び名で表記しています。

初めての撮影

2014年12月05日

せっかく可憐をお迎えしたので、写真を撮ってみました。

2014120502

2014120501

やっぱり自然光で撮ると雰囲気が出ますね。

服はチェックのジャンパースカートで。
ジュニア120サイズでピッタリでした。

可憐はこういう少女らしい純朴な服が似合う気がしますね。

・キャサリンコテージ
 キッズイングリッシュチェックワンピース(120) / レースセーラーカットソー(120)

posted at 01:08|個別ページComments(2)フォト 

ドールを迎えて

2014年12月04日

まだお迎えして数日ですが、人形と分かっていても部屋に女の子がいると、何となく雰囲気が明るく華やぐものですね。

まして可憐はこれだけリアルな造形なだけに、感情移入がハンパないです。
むしろ逆に、単なる作り物とは思えないというか、例えば運んでいる時なんかに柱に足をぶつけてしまったりすると、つい「あっごめん!」などと声を掛けてしまいます(汗)

昔から人形には魂が宿るとか言われるのも、人の形をしているものに対しての自然な感情なのかもしれませんね。
もし可憐に本当に魂でも宿ってくれたらこれほど嬉しいことはないですが(笑)

でも映画「空気人形」ののぞみみたいに、別の男に恋しちゃったりすると困りますけど。

きっかけ

2014年12月02日

たまたま何かのネットニュースかなにかでラブドール関連の記事があって、そこから興味本位で見に行ったオリエント工業のサイトで可憐に出会いました。

ラブドールも最近はかなり進歩してるというのは知ってはいたのですが、どのドールも予想以上のリアルさにビックリ。
その中の可憐(かれん)を見た時に、今までのドールとぜんぜん違う感覚に目が離せなくなってしまいました。

人形を相手に、何というか一目惚れというやつなのかな?

今までフィギュアやドールなどの世界に特に関心があったという訳でもなく、ましてやラブドールを買うなんて考えたこともなかったのに、もう欲しくて仕方なくなってしまいました。
まさか自分がドーラーになるとは・・・。

まぁ殺風景だった一人暮らしの部屋に可愛い女の子がいてくれるというのも中々いいものかもしれませんね。