可憐のリアリティ

2014年12月19日

うちの可憐はオリエントのプチ・ナノタイプのボディです。

これは単純に値段が手を出しやすいのもありますけど、初めてドールを購入するのにあたって、ソフビボディで初心者でも取り扱いが楽そうなのと、来客とか何かの急な事態(?)の時に分割して片付けやすいんじゃないか、というのがナノにした理由でした。

でもこうやって色々な服を着せたり写真を撮影するようになると、やはり色々なポーズの取れるジュエルの方が良かったのかな、と思うのも事実ですね。
やはりナノは、肩と股関節、首くらいしか動かせないので、あまり自由にポーズは付けられません。

ただ、僕が一目惚れしてお迎えした可憐は、このナノの体込みでの可憐なので、安易に買い換えればいいというものでもないんですね。
まぁ多少の不自由なところはあっても、このナノのままの可憐で一緒に居られればいいかなと思ってます。

それに可憐は、プロのモデルやタレントでもない素人の女の子なので、写真を撮るといってもそんな自由にポーズを取って動けないと思うんですよ。

なので、可憐は普通の女の子として普通に写真に写ってくれればいいかなと・・・。
ナノの可憐のできる範囲で、普通の女の子が普通に生活の中に居るような存在感が出せるといいなと思います。

この記事へのコメント

1. Posted by しまじろう   2014年12月19日 23:24
 バルコニー(ベランダ?)での可憐ちゃん・・・。初めて外で写真を撮って貰うので緊張しているのか、戸惑っているのか・・・素敵な表情をしてますね・・・
それに 自然な緊張を感じさせて立っているじゃあないですか

自分がNanoで一番気になるのは「手」です。 手が自然に見えるように時には隠したりしています。
小さくてカワイイ「手」なんですけどネ
2. Posted by malion(管理人)   2014年12月20日 01:55
しまじろうさんこんばんは。
おぉ、可憐の表情わかってもらえて嬉しいです!
ナノは動きの自由度は少ないですが、それでも微妙な体の向きや動きで、かなり色々な表現もできるんじゃないかと思ってます。

確かに手というのも、表現する上で大事な部分なので、工夫しがいがありますね。

写真は中々きれいに撮れないかもしれませんが、可憐がリアルな女の子として、ここに存在してくれればそれが一番です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字