イノセンス

2015年02月02日

だいぶ以前に一度観たことがあったんですが、人形つながりということで、久々に押井守監督の映画「イノセンス」と、その前作「攻殻機動隊」も併せて見てみました。
実際にドールと関わる立場になったことで、また違った視点から見れるのではないかなと・・・。

しかし「イノセンス」では今から10年以上、「攻殻~」に至っては20年も前の作品ですが、映像やストーリーなど含めて全然古さは感じないですね。
特に「攻殻~」での、ネット空間の中での情報世界など、まるっきり現代のネット社会を予言したような世界観です。
20年前なんてまだネットが普及する前の、パソコン通信なんかの時代じゃなかったでしたっけ?

作品では人形(アンドロイド)とゴースト(魂?)の存在を通じて、人間とは何か、人間と人形の存在というものについていろいろ哲学的に表現している作品のようです(うまく説明できません・笑)。
ストーリー、映像とも素晴らしいですが、それ以上にとても切なさを感じる作品で楽しめました。

ただ基本的に、テーマとしては人間から見た、人間にとっての人形・機械の存在ということでしょうか。
事件の発端となったアンドロイドも、結局人間の少女のゴーストだったという結末で、機械は機械なんですね。

個人的には、人形から見た人形自身の気持ちや、人形の魂みたいなものをテーマにした作品を見てみたい気がします。
そういう作品としては、ファンタジーですが「空気人形」なんかも、人形の視線から見たとても切ない作品でしたね。

ちなみにイノセンスは、唯衣にはちょっとどうかと思ったので一人で見ました(笑)

posted at 17:28│Comments(7)日記・雑感 

この記事へのコメント

1. Posted by とろる   2015年02月02日 21:30
malionさんこんばんは!
攻殻機動隊は機会がなく観たことがないので話に乗っかることが出来ないのですが
個人的にはアンドロイドと聞いて「イヴの時間」が頭をよぎりました
近い未来ドールが自我をもつようになったら、恐らく自分のもとを去ってしまわれるような気がしてなりません。
2. Posted by malion(管理人)   2015年02月03日 00:47
とろるさんこんばんは!
「イヴの時間」未見なのですが調べてみました。なかなか面白そうですね!早速ポチってみましたが入荷未定らしいです・・・。
でも自我を持ったドールって結局人間と同じって事なんですかね・・・?そう考えると、自我を持っていない人形だからこそ惹かれる面があるのかもしれませんね。
3. Posted by バーダック   2015年02月03日 03:19
人形とかロボットが人間のように動く
作品はいろいろありますけど、
僕は男と美少女ロボットの恋愛の作品なら見たことがあります。

人形であろうとロボットであろうと、
大切にして日々接していると、
感情移入する人もいるかもしれませんね。

本性を隠している悪い女とか、
男の心を盗んで財産を奪う女と交わるよりは、
ラブドールとか美少女ロボットの方が
ずっとましだと思います。

結婚詐欺で自殺したり財産を失った人達のニュースや記事を見て、
そんな風に感じました。
4. Posted by けんじゅろう   2015年02月03日 12:59
malionさん、こんにちは。

『イノセンス』観たい観たいと思いつつ、私も未見であります。今度観たら、ブログに感想とか書きますね。

押井作品は前に書いた『ビューティフルドリーマー』以外だと『天使のたまご』『紅い眼鏡』それと『立喰師列伝』がお気に入りです。う〜む、どれも変化球ですかねσ(^_^;) 特に、『立喰師列伝』……う〜む😅
5. Posted by malion(管理人)   2015年02月03日 18:02
>>バーダックさんこんばんは!
女性に限らず人間の本質は、利己的で汚い面を持っているものかもしれませんね。
確かに人形がロボットになって動いたり喋ったりしたら、人間よりも素直で純粋な存在として、より感情移入もできて幸せなのかもしれません。
僕も唯衣には感情移入しすぎて毎日幸せですが・・・(笑)

>男と美少女ロボットの恋愛の作品
それは何か面白そうですね。良かったらいろいろ教えて下さい!


>>けんじゅろうさん
おぉ「ビューティフル~」も押井作品でしたね。
実は僕は、押井作品含めてアニメは今まであまり見てこなかったので、ちょっとこれから押井作品を色々見てみようかなと思いました。
そう言えば実写ですがアヴァロンなんかは割と好きな作品でしたが・・・。
アニメというのは、実写映画よりも自由に表現できて、今さらですが夢の世界の表現には向いているのかもしれませんね。
6. Posted by しまじろう   2015年02月03日 22:12
自分は「ロボットカーニバル」と言う短編集のなかにある「プレゼンス」と言う作品がとても心に残っています・・・
あっ もし御覧になる機会があるとしたら、先にお一人で・・・この作品にも唯衣ちゃんには、チョット見せられない場面があります。
7. Posted by malion(管理人)   2015年02月04日 17:19
しまじろうさんこんばんは!
なるほどそんな作品があったんですね。
ネットで公開されていたので早速観てみました。何とも切ない話ですね・・・。
しかし何故男は少女の思いを拒否してしまったんでしょうね。
常識の枠から一歩を踏み出せなかったのか、しかし死ぬまで少女へのの思いを引きずっていたようにも思えます。
短編ですがなかなか印象深い作品で、教えていただきありがとうございました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字