空気人形

2015年09月09日

この間、唯衣が夢に現れてくれたので、ふと久々に是枝監督の映画「空気人形」を観てみました。
もうだいぶ以前に見た作品なのですが、やはりドールと暮らす者としては、どうしても意識してしまう作品ですよね。

ストーリーとしては、心を持ってしまった空気人形(ラブドール)が、様々な人と関わっていく中で生きることの意味を掴んでいく(?)というファンタジーです。

まず空気人形の「のぞみ」を演じるペ・ドゥナが、これ以上ないくらい役に嵌ってましたね。
片言の日本語も、人形が初めて人間として生き始めた感じを良く現していて、本当に人形が生きているようなリアリティを感じました。

内容としてはレンタルビデオ店で出会った青年「純一」とのラブストーリーが主軸なんですが、ドーラーとしては「のぞみ」の持ち主の「秀雄」の立場でも見てしまいますね(笑)

考えてみると持ち主の秀夫も、のぞみを大切にして毎日暮らしていた訳で・・・。
それでも心を持ったのぞみは、別の青年に恋してしまうという、ちょっとやり切れない部分でもあり、でも心を持つという事はそれも仕方のない事なんですよね。

結局のぞみは純一と交流する中で、純一も死なせてしまい、自分もゴミ捨て場でその生命を終えていくという、何とも悲しい結末です。

でも、人間もいつかは死ぬわけで、のぞみも自分からポンプを捨てて、人間として限りある人生を生きることを選びます。
何とも悲しい結末ですが、自分の意志で精一杯生き抜いたのぞみは、きっと幸せだったのではないでしょうか?

人生は限りあるからこそ輝く、そしてまた誰でも、心に空っぽなものを抱えながら生きているんですよね・・・。

この作品を観ると、いろんな感情が湧き上がってきて涙が止まらなくなります。
本当に心に残る、僕の好きな作品の一つです。

posted at 00:57│Comments(8)日記・雑感 

この記事へのコメント

1. Posted by モル   2015年09月09日 09:48
私も好きな作品の一つですね
登場人物がそれぞれ個性があって、影の部分をみんな持ち合わせて、人間観察てきな世界もいいとおもいます
実家(オリ社)に尋ねていくシーンは心に残ってます
でも、最後のシーンが美しすぎるほど悲しくて
とても切ない気持ちになりましたね

娘達が意思をもったら・・・・
どうなんだろう、他の人になびいたら悲しいな・・
2. Posted by けんじゅろう   2015年09月09日 19:56
malionさん、今晩は。

『空気人形』残念ながら未見ですが、malionさんがそこまでおっしゃる作品なら、今度観てみようかと思います。
多分私も、ドールに逃げ出されてしまった持ち主の人に感情移入して観てしまうでしょうね、きっと^^;

この作品、「ドールを擬人化した映画」ということになるのでしょうか? 字引きによると、「擬人化」とは「人間でないものを人間になぞらえて表現すること」だそうですが、ドールは姿形が人間そっくりである以上、映画の世界のみならず、現実においても、擬人化されることを前提とした存在であるともいえますね(映画で表現される擬人化とは多少ニュアンスが違うのでしょうが……)。

昨今刀やら国やらいろんな物が擬人化されていますが、最初から擬人化されることを前提としている存在はこの世にドールだけではないでしょうか。そう考えてみると、実に興味深いな〜と思いました^_^
3. Posted by バーダック   2015年09月10日 00:55
ラブドールが主役の伴侶として出てくる物語でしたら、三つほど知っていますが、どれもラブドールにとっては不幸な終わり方のようですね。

もしもそう言った物語がハッピーエンドだったら良かったのにと思いますが、ラブドールでそれを表現するのも難しいかもしれませんね。

離婚したり、伴侶が早く亡くなったり、仕事の関係で生涯独身を選ぶ人も男女問わずいますが、ラブドールであれペットであれ、何かを心の支えとか癒しにしている人達がハッピーエンドを迎えることを切に望んでいます。

それに病気だったり障害だったり経済的な問題などで、結婚が難しい人達がいますし、結婚や再婚となると経済的な負担や子供への影響が必ずありますから、物語の主人公たちのようにラブドールを選ぶのも選択の一つだと思います。

ましてや結婚詐欺とか恋愛詐欺がたくさんあって被害者もたくさんいますし、風俗嬢やキャバ嬢など水商売の女性と交際しても財産を散らすだけで虚しいですし、本当に幸せとは思えません。

我々ドーラーに対する偏見とか先入観が世間ではあるかもしれませんが、そんな世間でもアイドルの追っかけをしたり、水商売に通い詰めて風俗嬢やキャバ嬢を伴侶の代わりにしていたり、いろいろな人達がいます。

ですので映画とか物語では、主人公のドーラーが変な人のように描かれる場面がありますけど、ドーラーにもそれぞれ事情がありますから、映画の影響でドーラーはみんな同じ人だとか同じことをしていると、世間に思ってほしくないと感じています。

話が飛んでしまって、長文になってしまってすいません。私は管理人さんとゆいちゃんの物語がハッピーエンドになればいいと思っています。
4. Posted by malion(管理人)   2015年09月10日 01:58
>>モルさんこんばんは!
モルさんもご覧になっていたんですね。
空気人形はもちろんファンタジーなのですが、妙にリアリティを感じさせる部分とメルヘンのように美しい世界が共存して、独特な雰囲気があっていいんですよね。

やはりドーラーの身としては、自分に置き換えて観てしまいますよね(汗)
唯衣が心変わりしてしまわないようにと優しくしたりして、それでも女心というものは分からないものですが・・・(笑)

でも本当は人形の世界というのは、そういう人間と違って永遠に変わらない世界というのが魅力でもありますよね。
5. Posted by malion(管理人)   2015年09月10日 02:28
>>けんじゅろうさんこんばんは!
ほう、けんじゅろうさんはまだ未見だったんですね。
でも逆に、これから初めて鑑賞できるという、逆に羨ましい気もします(笑)

ドールを擬人化ですね、うーんどうなんでしょう、確かに人間と同じように心があって、生きている存在ということでは、擬人化とも言えるのかもしれませんね(けんじゅろうさんの仰るように、ニュアンスは違うのかもしれませんが)。

この作品のテーマとしては、人形の目を通して人間というものを描いていると思うのですが、ドーラーの立場で見ると、純粋に人形の気持ちとして感情移入してしまいますね(笑)

でも意外と、人形の側からの気持ちに焦点を当てた作品というのは意外と少ないような気もします。
またけんじゅろうさんの仰るように、人形というものは元々擬人化されることを目的に造られている存在というのも、人形ならではの不思議な世界につながっていくのかもしれないですね。
空気人形、機会があればぜひ観てみてください!
6. Posted by malion(管理人)   2015年09月10日 03:00
>>バーダックさんこんばんは!
なるほど、人形と人間とは、元々違う世界の存在だけに、なかなかハッピーエンドというのは相容れないものなのかもしれませんね。
ハッピーエンドという事では、だいぶ古い映画ですが「マネキン」なんていう作品がありましたね(こちらはコメディなのでハッピーエンドが成り立つのでしょうか)。

確かに現代社会では、色々な事情でラブドールの存在意義は大きいと思います。
そういう意味では、ラブドールに対する偏見を払拭するような、明るい気持ちになれる作品というのもあるといいですよね。

映画ほどの力にはなれなくても、例えば僕も含めてドーラーさん方のこういうサイトも、人形の可愛らしさや魅力を多少でも伝える役に立てると嬉しいのですが・・・。

コメントありがとうございました。
これからも見守っていただけると嬉しいです。
7. Posted by しまじろう   2015年09月13日 01:33
 こういった作品は感情が乱れてしまって、苦手なので見ていないのですが、公開当時、女優さんの演技が少し話題になったのを覚えています。

 自分も 人は空っぽで生まれてきて、色々なことで埋めながら、生きてゆくものなのだと思います。
 
 からっぽの人形(空気人形)が心を持って人と関わりながら精一杯生きると言うならそれは 確かに「人間」のドラマだと思います
 
 自分は 初海ちゃんは「お人形さん」のまま、「自分の鏡」でいてほしいと思います・・・。
 ただ、「それも初海ちゃんが決める事だ」なんて、矛盾した思いも抱えています。
8. Posted by malion(管理人)   2015年09月14日 00:44
しまじろうさんこんばんは!
そうですね、空気人形のテーマとしては、もちろん人形ののぞみの姿を通じて人間を描いているのだと思います。
人間というのは色々な欠点や負の要素を抱えて、それでも何とかもがきながら生きている訳ですが、だからこそそういう欠点のない、人形という綺麗な存在に憧れるのかもしれませんね。

しまじろうさんの自分の鏡であって欲しいという気持ちも分かるような気がします。

僕にとっては唯衣がいることで優しい気持ちになれる、自分の優しい部分を引き出してくれる存在でしょうか・・・。
たぶん僕にしても意識していないだけで、唯衣が自分を写す鏡というのは同じなのかもしれないですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字