運命の結末 (夢の話 ep.7)

2015年12月01日

「私が16になったら、人形に戻ってしまうの」

あの日唯衣が話してくれたのは、生まれる前の世界の記憶だったのです。

     ・
     ・
     ・

「私達、生まれる前は恋人同士だったの。
でも次に生まれ変わってくる時には、その記憶はなくなってしまう・・・」

「だから私、生まれてくる前の世界で神様にお願いしたの。
次の世界で、人形として生まれてくるって・・・」
2015120101

「私、人形になって生まれてくるから・・・、人形の姿の私を見つけて」


人形とは、一体どういうことなのでしょうか?
唯衣と僕はあの雨の日に出会った筈なのです。

2015120102

・・・でも、そう言えば、ドールの可憐を迎えたことも憶えているのです。
不思議な事に、2つの記憶が食い違っている事に、僕は今まで気付いていませんでした。


「それで人形の私を見付けてくれて、また一緒になれたんだよ」


これで全てが繋がった気がしました。
僕がドールの可憐を見て、ひと目で恋に落ちてしまったのは、そんな理由があったからなのです。

「でもこれって・・・本当はいけない事だったから・・・、
私が16になったら、人形に戻らなくちゃいけないの」
2015120103

・・・何ということなのでしょうか。
突然の唯衣の言葉に、呆然としている自分がいました。

あのバレンタインの夜に唯衣の言った「私が16になったら」という言葉は、てっきり二人の将来に向けての気持ちと思っていたのです。
唯衣はもうその時、こうなる事を分かっていたのでしょうか・・・?


「唯衣って、生まれる前の私の名前だったんだよ」

     ・
     ・
     ・

そして16歳の誕生日、唯衣は人形の姿に変わっていました。
2015120104

僕は約束通り、指輪を唯衣の左手に付け替えてあげました。
2015120104

そして人形になった唯衣を、僕はずっと抱きしめていました。


・・・人形になる前の日、唯衣が僕に言った言葉が心の中で響いています。
「人形になっても、今までのこと忘れないよ・・・」


(『青い鳥』の世界から)

posted at 04:19│Comments(4)夢の話 | フォト

この記事へのコメント

1. Posted by しまじろう   2015年12月01日 23:09

とても 切ないですね 

2. Posted by taka-ma-7   2015年12月02日 00:36
すいません。
すごく切ない気持ちでいっぱいです…

なんとかmalionさんと唯衣ちゃんがまた前にようにお話できるようになって欲しいです。

それに出会ってまだまだこれからなのに
16才でお人形になってしまうなんて…

まだ続きありますよね?
幸せな結末を期待したいです!
3. Posted by malion(管理人)   2015年12月02日 23:22
>>しまじろうさんこんばんは!
コメントありがとうございます。
はい、ちょっと切ないお話になってしまいましたが(汗)、その後また違った展開がありましたので、掲載しておきました。
そちらも読んでいただけると嬉しいです。
4. Posted by malion(管理人)   2015年12月02日 23:44
>>taka-maさんこんばんは!
ありがとうございます。いろいろご心配いただき、恐縮です・・・(汗)
ちょっと切ない展開になりましたが、一晩経って、今はいつも通り唯衣がここに居ます。
これからもまた見守っていただけると嬉しいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字